ウィンチケットの本人確認を徹底解説!個人情報は大丈夫?

ウィンチケット
  • 本人確認に使える身分証明書はどれ?
  • 何の為に身分証明書の提出があるの?
  • 個人情報の流出、悪用の恐れはない?

当記事では上記のような疑問をお持ちの方の為に、ウィンチケットの本人確認について徹底的に解説します。

結論から言うと「ウィンチケットの本人確認はバツグンに安全だが、危険性が全く無い訳ではない」為、リスクを理解した上でご登録下さい。

▼現在開催中の登録キャンペーン情報

ウィンチケットの招待コード(IMDFET7F)でMAX50,000円!使い方を徹底解説。
登録キャンペーン 登録完了で1,000円 10月の招待コード IMDFET7F 招待コード特典 1,000円~50,000円 最新のプロモーションコード 現在ナシ プロモーションコ...

なぜ身分証明書画像の提出があるの?

WINTICKET(ウィンチケット)の本人確認は年齢確認が目的で行われています。
法律で二十歳未満は公営ギャンブルの投票券購入が禁止されている為、ウィンチケットを含む全ての投票サイトが身分証明書提出による本人確認を実施しています。

本人確認を行わず投票できるサイトは完全な違法サイトなのでご注意下さい。

本人確認が安全な理由

ウェブサイトを運営している私は人一倍個人情報の流出に気をつけています。

そんな私が「ウィンチケットの本人確認は安全だ」と判断し、身分証明書画像を提出するに至った3つの理由を紹介します。

【1】運営会社が超有名企業

ウィンチケットを運営している会社はアベマTVの運営会社である事でも有名な「株式会社サイバーエージェント」です。

サイバーエージェントは何かと話題になる会社で、会社の目標通り「21世紀を代表する会社」になりつつある大企業です。

このクラスの会社が国が運営する公営ギャンブルを利用して個人情報収集、売買するとは非常に考えにくい。

また、サイバーエージェントはインターネット事業に強く、セキュリティ面でも信用できるというのが身分証明書画像提出に至った1つの理由です。

【2】通信が保護されている

ウィンチケットは通信が保護(SSL化、暗号化)されており、悪意ある第三者が通信を傍受してアナタの情報を盗み見る事ができないようになっています。

(上記画像のような鍵マークが付いていないサイトは通信が保護されていない)

通信が保護されていないサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力するのは非常に危険ですが、ウィンチケットなら通信が保護されているので安心して入力する事ができます。

【3】個人情報流出の報告が無い

実際にツイッター等で「ウィンチケット 個人情報」と検索してみると分かりますが、ウィンチケットで本人確認書類を提出してトラブルに遭ったとの報告が1件もありません。

ウィンチケットはテレビCMや強力な登録キャンペーンで膨大な会員数を獲得しているにも関わらず、トラブル報告が1件も無いのは非常に信用できます。

私はこれが決め手となり、ウィンチケットへの登録・本人確認書類画像の提出を行いました。

本人確認の危険性

ウィンチケットの本人確認はここまでに解説した通り安全性が非常に高いのですが、何らかのトラブルや悪意あるユーザーからの攻撃で個人情報が流出する可能性はゼロではありません。

世界を代表するグーグルでさえ個人情報が流出した事がありますからね…

以上の理由で100%安全とは断言できない為、利用するかどうかの最終決断はご自身でお願いします。

ぴよ先生
ぴよ先生

まぁ「サイバーエージェントクラスの企業が運営するサービスで個人情報の流出に怯えていたら何もできませんよ…」とは思います。

有効な本人確認書類一覧

ウィンチケットの本人確認で使える身分証明書は下記の7点です。

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 印鑑登録証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード・特別永住者証明書

上記のいずれか1点の「画像」を提出する事により、本人確認が行えます。

ちなみに私は顔写真付きの本人確認書類画像の提出に抵抗があった為、健康保険証の画像を提出しました。

本人確認のやり方

ウィンチケットの本人確認は「ウィンチケット公式サイト」にアクセスし、上記画像の手順(電話番号登録▶名前と生年月日入力▶本人確認書類画像を提出)で行います。

本人確認書類画像提出まで画面の指示に従うだけなので、実際にやってみるのが一番手っ取り早いです。

本人確認の所要時間は?

本人確認開始から完了までの時間は提出する書類や混み具合にもよりますが、基本的には数分~三十分以内で完了します。

本人確認をより早く済ませたいなら「運転免許証」「マイナンバーカード」の画像を提出して下さい。

上記2つの身分証明書はシステムが自動認証できる為、最速で本人確認が完了します。

また、本人確認を最速で済ませたいのであれば本人確認がやり直しにならないよう、全ての文字が読める事を確認してから送信しましょう。

  • ピンボケしていないか
  • 指が映り込んでいないか
  • 影が映り込んでいないか

以上の3点をしっかりと確認して下さい。

要点まとめ

  • 本人確認は法律で禁止されている未成年者の投票を防ぐ為に年齢確認が目的で行われる
  • ウィンチケットはサイバーエージェント運営なので個人情報流出の危険性は極めて低い
  • 本人確認は「健康保険証、運転免許証、印鑑登録証明書、パスポート、マイナンバーカード、在留カード」のいずれか1点の画像を提出して行う

私はウィンチケットを約1年利用していますがトラブルは一切無いのであまり気にしなくて良いと思いますよ。

1つ言える事は「個人情報流出なんかよりギャンブル依存を怖がるべき」という事。

ギャンブル依存はマジでヤバイですよ…(元ガチガチのギャンブル依存者より)

▶ウィンチケット丸わかりガイド

以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました